梟の森

真駒内でふくろうと出会ってからの続報。
前回(28日)、何とかふくろうを撮影したが、どうも満足のいく出来ではなかった。動物と赤ちゃんの撮影は難しいと相場は決まっている。仕事の関係でカメラマンに同行し、そうした撮影を何度か経験したことがある。横で見ていただけだが、思い通りの画にはなかなかならない。犬はエサで、赤ちゃんは玩具で気を引く。それでも何度かやり直しがきく。でも、自然の中での野生の動物撮影は、さらに難度が高い。カメラの撮影技術はさておき、根気をあまり持ち合わせず、過酷な自然環境との戦いでの撮影なんてとんでもない。ただ「運」だけを頼りに、イイ写真が撮りたいとカメラを楽しんできた僕である。しかしながら、今回はちょっと違う。何故かこのふくろうに惹かれ、その後、毎日のように真駒内に通ってしまった。今日を入れてつごう7日間。

最初は、写真を何枚撮っても目を瞑って全く動かない同じカットばかりだったのが不満だった。違う表情の、できれば目を開いた、あわよくば羽を広げた状態を何とか撮りたかった。でもふくろうは動かない。それなら夜だろう、きっと、違ったふくろうがを見ることができるだろう。そう思い、翌日、夜の真駒内公園にチャレンジした。

夜の真駒内公園は予想通り寒かった。その日は満月に近い日で、思いの外明るい。街灯も灯っていたので、これなら写真も撮れるかも、と思ったのは甘い期待。いつもの場所に着くと、ふくろうはいなかった。

夜はダメならもう少し早くということで、翌日、陽の沈む時間に訪れる。今日も、動かないふくろうを撮る。暗い曇りの日だった。条件が悪いので後の編集を考えRAW撮影をする。ふくろうだけに「RAW」撮影、なんちゃって。m(__)m

RAW撮影は、普段はあまり行わない。データ量が大きいことと、RAW現像が面倒だからだ。RAW画像はある程度選別して、失敗したカットはすぐにゴミ箱行きにしておかないと、ハードディスクの残りの領域をかなりの勢いで食ってしまう。でも、後で「やっぱりRAWにしておけばよかった」と思うことも少なくない。RAW現像のソフトが、もう少し分かりやすく使いやすいといいのだが。

さて、2月2日は、撮影にあたって初めての快晴だった。こんな日は、ふくろうはどうしているのかと出掛けてみる。カメラを構えてほどなく、近くの枝に溜まった雪が、お日様で融けてドサッと音をたてて落ちる。ふくろうが目を開け後方を振り返る。(シャッターチャンス)何枚か撮ったぞ!? 帰って確認すると若干ピンが合っていない。落胆。

そして今日。犬の散歩を兼ねて出かける。天気はイマイチだが、「今日のふくちゃんは動きが活発だ」(近くにいたオジサン談)。ということで、いつもとは違った表情豊かな画が少し撮れた。

おいコラー!って人間ぽい表情が怖い。

周囲の人の話によると、このふくろうは毎年ここに現われるらしい。しかし、今年は3年振りだとか。以前より少し大きくなって太ったらしい。いつも独りだが寂しくない?とか。そして、残念なことに、時期的にそろそろどこか行ってしまう、らしい。そんなことを静かに話す。カメラマンを含め観察にくる人たちは、声を荒げることはない。目を覚まそうとフラッシュを光らせたり大きな音を出す人もいない。みんな適度な距離を保ち静かに見守っている。時々、別な場所から啄木鳥の音が聞こえたりすると、何人かがそちらを振り返り興味深そうに眼を凝らす。みんな野鳥が好きなんだ。野鳥好きに悪い人はいない!? 僕は寒くて疲れた。ま、そろそろ良しとしよう。目をカッと開いて羽ばたく画なんて、夢のまた夢。とりあえず、ふくろうを開放してあげよう。多分、明日にでもふくろうは塒を変えるだろう(とあきらめる)。また来年、元気な顔を僕に見せてくれ。

スヤスヤ眠るふくろう、2態。

鳥なんだけれど、哺乳類っぽい。大きな羽で何かを包み込んでいるようにも見える。

森のスターに出会う

札幌南区にある真駒内公園は、ご承知のように冬季札幌オリンピックのメイン会場となったところで、今の屋外競技場では開会式やスピードスケート競技が行われた。かなり老朽化したが、最近少し補修され、いろんなイベントが開催されている。四季を通じて自然豊かな表情を見せ、市民にとっての憩いの場だ。僕もたまに散歩や極々たまにランニングにも訪れる。この時期はさすがに少ないが、それでも休日になるとジョギングや歩くスキーを楽しんでいる人が結構いる。先日、愛犬と散歩していたら、公園の奥の林に人だかりができていた。いったい何があるのかと近寄ってみると、皆が同じ方向を見ていて、多くの人がカメラを構えている。近くの人にそれとなく尋ねると古木を指さし「ふくろう」と教えてくれた。

こんなところに人が・・・?

見るとあちこち枝の折れた太いイタヤカエデがあって、その中心の樹洞にちょこんと収まったふくろうがいる。白っぽいので気が付かない。折れた枝の根元のようにも見える。暫く見ていたが目をつぶったままで全く動く気配がない。この日は望遠は持っていなかったが、運よくカメラを持参していた。さっそく構える。隣りでは大きくて高価そうなレンズを構えてバシャバシャ連写している。「羨ましいなあ」と心の中で独りごち、僕は小さなカメラとレンズで控え目にシャッター音を鳴らす。

太い木の上の方に!

そして今日。もう一度ふくろうを求め、カメラを持って真駒内公園を散歩する。先日の場所に行くとやっぱりいた。同じスタイルで同じ木に収まっている。先日と同じように何人かのカメラマンがいて撮影している。今日は僕が持っている中で最も大きな150ミリのレンズを持ってきたので、少しは表情が撮れるだろう。実は、自然の中でこんな大きなふくろうにお会いできるのは初めてで、いい画が撮れるといいなあ。シャッターを何度か押すが、ほとんど変わらない画。やっぱり動かない。目も閉じている。生き生きとしたふくろうは、やはり暗くならないとダメなのだろうか。もう少し近づきたいがロープが張って、前に進めない。こうしてカメラマンが大勢いて、あまり刺激しないようにということか。今日もシャッター音がバシャバシャ響く。本人はというと全く動じず目を閉じ瞑想に耽る。この森のスターは、すでに貫禄十分である。

今日は時々陽も出ていて、気持ち良さげに目を閉じている。

僕にとって身近な真駒内公園が、このところ脚光を浴びている。というのも、北海道ファイターズの専用球場としてこの地が候補に上がっているからだ。北広島市との一騎打ちで、今年の3月頃には結論が出ると言う。日ハムファンの僕として、我が家に近い真駒内案になると嬉しいのだが。

今、構想として上がっている新球場に関して、ある関係者はこう話す。「オンリー・ワンか、ナンバー・ワンか。北海道の皆様の誇りになるような球場にしたい」「例えば、北海道へ旅行に行く人に『何のために?』と尋ねると、こう答える。『そりゃあ、美味しい海産物と◯◯スタジアムだよ』と」。
果たして実現できるかどうか分からないが、この発想はとても素敵だ。文化としての球場であり、街づくりの中心と成り得るボールパーク構想である。僕は、今の札幌ドームのあり方に関しては、札幌の文化や街づくりに関与していないように思っていたので、この新たな試みは歓迎する。誰かが語っていたが「今のドームは単に箱物ができただけで、何も生み出していない。私設の有料駐車場とマンションが増えただけだ。すでに10年以上なるが、地下鉄を降り、地上に出てもちっともワクワク感がない」
ホントにそう思う。駅から遠いというデメリットを語る人がいるが、考えようではメリットになり得る。あの歩く距離をどうして楽しい空間にできなかったのだろう。地下鉄から10分も歩けば着く距離は、手頃な距離感だと思う。今度の球場について、さらにこんなことも言っている。「入場料はいらないと思います。入りたい人はどなたでも入ってもらえばいい。そして、座って野球を観たい人だけ『座席料』を払っていただけばいいのではないでしょうか」
このように既成概念を覆す新しい球場が、札幌にできるのだろうか。2023年を目途に完成を目指すと言う。そうであれば真駒内は新しく生まれ変わる。我が家からも歩いて通えるわけで、老後の楽しみが大きく広がろうというものだ。でも待てよ!そうなるとあの可愛い森のスターたちは、どうなるのだろう?

四季折々の真駒内公園

 

 

アニバーサリーな札幌国際にて

今年もスキーができることに感謝しよう。

40歳になった札幌国際スキー場

元旦の翌日、昨年同様札幌国際スキー場に行ってきた。南区にある我が家からだと、札幌国際までは1時間足らずで行ける。この日の札幌市内は暖かく、日中はプラスの気温で雨交じりの雪が降る天気だったが、スキー場近くまで来ると結構な雪になってきた。
ゴンドラの始発のアナウンスが流れる中、スキー場に到着。準備にスキーロッジに入る。館内には「40周年」とポスターが表示されていた。そんなになるのだなあ。
当時を思い出す。確か札幌からもっとも近い本格的なスキー場として誕生したと記憶している。近いと言っても、昔は幹線道路が片道1車線で時間を要した。特に休日の朝はスキーキャリアを付けた車が連なって渋滞した。
人気だったのは、ほぼ山頂まで一本のゴンドラで行ける便利さ。寒さを我慢しなくてもスピーディに山頂へ行けるゴンドラは、まだ珍しかった。初級・中級・上級とコースも選べ、比較的滑走距離も長い。宿泊はできないがリゾート気分を味わえるしっかりとした大きな建物があって、ゆったりと食事も楽しめるという印象だった。そのころは、ニセコやルスツまで行かなければパウダースノーは楽しめなかった。その点、ここは雪が多く、早くから遅くまで長いシーズン滑ることができる。たくさん雪が降り、いつでも頂上付近は新雪・深雪が楽しめる。
今は、途中までの幹線道路はほぼ2車線で道も真直ぐになり、定山渓がとても近くなった。温泉街へ行く手前を右折して、左にダム湖を見ながら15分ほど車を走らせるとスキー場に着く。ダム湖も、スキー場ができたころにはなかった。スキー場への案内では、札幌駅から車で約1時間と出ているが、冬道走行と札幌市内の渋滞を考慮すると20~30分余分にかかる。

札幌国際スキー場のゴンドラ山頂駅。この日は一日中雪が降る。太陽が薄っすらと見える程度。

山頂へ着く。やっぱり寒い。雪は降り続いていたが風があまりないのでヨシとしよう。このスキー場で風が吹くと大変だ。前がまったく見えないホワイトアウトの世界。風向きで顔に容赦なく雪粒が当たる時は、それはそれは痛いのなんの!ゴンドラやリフトも停まることが多く、自然との我慢比べの状況になった時には、とても楽しむ気分になれない。
晴れた日に樹林の間を抜けるコースはとても気持ちが良く、遠くに石狩湾も見えて「この定山渓から海が見えるんだ」と驚いたものだ。住所は札幌南区定山渓だが実は小樽が断然近い。札幌駅からだと約45キロだが、小樽駅からは25キロ程度。ただし、距離が近い小樽方面からの道路は、以前は冬期間通行止めとなる難所である。今は改善されていると思うが、狭くて曲がりくねった急坂のイメージがあって、夏場はともかく冬の通行は遠慮している。

毎年、何度もスキーに行くわけではないが、今年は少しやってみようと思う。足腰が衰えてはいるものの、まだ何とか楽しめるので、今のうちだと思う。できればニセコにも行ってみたい。キロロやルスツ(スキー場)などがあるが、コースの長さや変化、パノラマ感といった景色など、総合的に見てニセコが北海道で一番のスキー場だと思う(あくまでも個人的な評価)。アンヌプリの千メートル台地を越えると木が生えていないので全てが滑走コースになる。リフトの終着からさらに上、スキーを担いで一歩一歩登ったニセコアンヌプリ頂上からの滑降は、他のスキー場では味わえない開放感に浸れる。晴れると正面に蝦夷富士と言われる羊蹄山が浮かぶ。この眺めも素晴らしい。そうチャンスはないかも知れないが、滑降可能な時期が来たらもう一度チャレンジしてみたい。

晴れた札幌国際スキー場はこんな(下の写真)感じ。4年前の写真(^^;)
全てアクションカメラで撮影した動画で、画像に取り込んだもの。晴れると綺麗に撮れるが、雪の日はさすがに画質が荒れる。それでもこうしたハイビジョンの動画撮影が気軽に楽しめるなんて、なんていい時代なんだ。40年前にはとても考えられなかった。スキーをしているところが撮りたくて、当時話題の8ミリカメラを持って行ったことがある。今になって見ると、白く飛んだ景色と顔が黒く誰が誰だか分からないひどい映像だ。それでも僕にとっては大切な記録ではあるけれど。

上越のスキー場を懐古する

以前のブログにも書いたが、僕の若いころの冬のレジャーと言えばスキーが主流だった。若者は躊躇なくスキー場を目指した。東京に住んでいた僕らにとっては、最も人気が高かったのが苗場スキー場だった。ワールドカップが開催され、ご存じユーミンのコンサートがあったりして、とにかく人が集まるスキー場だった。だから休日のゲレンデはまともに滑ることはできなかった。食事の席取りに苦労した記憶は、しっかり残っている。ま、他のスキー場も似たようなものだったけれど。
苗場はやっぱり車で行ってプリンスホテルに宿泊してナンボの場所だったから、金のない田舎モンとしては少し北に位置する越後湯沢スキー場や石打丸山スキー場、上越国際スキー場などを目指した。
北海道生まれの僕は知らなかったが、上越のスキー場は想像以上に近かった。数もたくさんある。後年、新幹線が(大宮発着)開業してさらに近くなり、日帰りもあまり苦ではなくなった。早朝に出発すれば午前中にはゲレンデに立つことができ、一日滑ることができたのだ。スキー板を持ってリュック担いで山手線に乗り、京浜東北線で乗り換えるという光景が多く見られた。
そう言えば、渥美清さんが寅さんスタイルで「この板っ切れじゃまよ!」といった啓蒙ポスターがあった(うろ覚え)。確かこうした時代の広告だったような気がする。ホームなどでスキー板を安易に立てかけるのを注意した広告だ。電車内でバタバタとスキーが倒れる、という光景を僕も見た。危険だよなあ、当たると痛いで済まないよね。今でも、東京でこのようなことあるのだろうか?ちょっと想像できないナ。
昔を振り返る。通勤で混雑する朝の電車、申し訳ないなあと思いつつも「羨ましいだろう、これからスキー行くんだ」というささやかな優越感で出発する自分がいたように思う。

国境の長いトンネルを抜けると

上越新幹線ができるまでは、上野から上越線の急行に乗るわけだが、この線の楽しみは清水トンネルを通ることだった。水上を過ぎてトンネルに入り、土合駅でいったん停車。さらに揺れて
・・・長いトンネルを抜けると・・・本当に「雪国」になる。何度かここを通ったが、いつも車内に歓声が上がっ
た。ここではみんな小説家になるのだ。残念ながら、新幹線を利用する今は、この感動を味わえない。新幹線もトンネルを抜けるが、車窓にパーッと雪国が映ることはない。せひ一度信越線に乗車して実感してもらいたい。

信州のスキー場を語る

まとまった休みが取れた時には信州のスキー場に行った。規模から言ったらこちらの方が大きいスキー場が多い。本州で一番最初に連れて行かれたスキー場が野沢温泉スキー場だった。学生時代の春休みだった。
JR(当時は国鉄)を乗り継ぎ、最後はバスに乗って向かう。全く地理関係が分からなく文字通り連れて行かれたので、こんなところにスキー場があるのか?と思った。確か2月末か3月初めだったので、電車を降りた辺りには雪が無かった。バスに乗って山道を走り、やっと温泉街に着く。道路に水がジャージャー流れている不思議な光景に出会った。こんな雪のないところでスキーはできるのか?
スキー場に行って不安は一気に解消された。ゲレンデは真っ白で長ーいリフトがあちこちにあった。こんなデカいスキー場は初めてだったのだ。しかもこの日は晴れて暖かい。リフトを降りるとコーラやカップ麺が売っていたのには驚いた。ポカポカ陽気で長いリフトでは眠気を催した。こんな経験も初めて。本州のスキーは何て素敵なんだ。
そんなことがあって、その後スキー場ガイドブックを買ってあちこちのスキー場巡りとなる。最も気に入ったスキー場を上げるなら八方尾根スキー場だ。ここのリフトを乗り継いだ上の方は1,500メートルを越えるいわば山岳スキー場だ。麓が晴れて暖かい時でも上は猛吹雪ということが多くあった。真冬は天気が安定しないので、暖かくなって天気が落ち着く3月がお勧めだが、反面、雪がベタ雪になって、さらに黄砂の影響で雪に色が着くのが難点だった。栂池や乗鞍、コルチナなど、沿線を渡り歩いたこともある。他にも志賀高原や斑尾、菅平など、随分いろいろ行った。東北の山形蔵王、宮城蔵王スキー場でも滑った。山形蔵王の山頂(マイナス15度、風速14メートル)からの樹氷原コースは、北海道生まれの僕でも貴重な体験だった。
北海道に戻って来てからは、本州のスキー場にはなかなか行く機会がなくなった。さすがに北海道から板を担いで上越のスキー場へ、とはならない。果たしてユーミンが苗場に呼んでくれたら・・・喜んで行く!